« KDDI 千倉海底線中継所 | トップページ | NTT東日本 和田電話交換センタ (千葉和田局) »

ソフトバンクテレコム 丸山国際中継所/NTTコミュニケーションズ 新丸山LS

12_sbt_maruyama01c  12_sbt_maruyama01d

12_sbt_maruyama02
施設名: ソフトバンクテレコム 丸山国際中継所、NTTコミュニケーションズ 新丸山LS(ランディングステーション)
住所:  千葉県南房総市白子 (旧安房郡千倉町)
場所:  国道410号線 ローズマリー公園入口交差点南
特徴:  鉄塔あり
訪問日: 2008/5、2011/1

この設備はもともと日本国際通信が建設し、その後所有者が日本国際通信(ITJ) → 日本テレコム(JT) → ソフトバンクテレコム(SBT)と変遷しました。

2008年8月頃よりNTTコミュニケーションズがソフトバンクテレコムの施設内をスペースを確保し新丸山LSとして稼働させました。NTTコミュニケーションズがかかわっている海底ケーブル「Trans-Pacific Express」(略称TPE)の陸揚げ局として使用されています。この海底ケーブルは、アメリカ、中国、韓国、台湾と日本をつなぐものです。
■NTTコミュニケーションズ ニュースリリース
 日中米間を結ぶ新光海底ケーブル「Trans-Pacific Express」の建設について (2008/3/25)

2008/5訪問時点のプレート
12_sbt_maruyama01a 12_sbt_maruyama01b

2008/5訪問時の局舎の様子

12_sbt_maruyama03  12_sbt_maruyama04

12_sbt_maruyama05 12_sbt_maruyama06

12_sbt_maruyama07

近くの電柱には、「日本国際通信」が残っていました
12_sbt_maruyama08

赤外線?によるセンサがありますので、無断で立ち入ってはいけません
(なくてもダメですが...)
12_sbt_maruyama09

2011/1訪問時の局舎の様子
12_sbt_maruyama11  12_sbt_maruyama12

12_sbt_maruyama13

衛星用のパラボラが新設されているのが確認できました
12_sbt_maruyama14  12_sbt_maruyama15

12_sbt_maruyama16

12_sbt_maruyama17  12_sbt_maruyama18
大きなパラボラにロゴはなかったようですが、小さなパラボラにはipstarのロゴが入っていました。ipstarは赤道上空の静止衛星上にあるタイ製の「IPSTAR」という衛星を利用したサービスです。

|

« KDDI 千倉海底線中継所 | トップページ | NTT東日本 和田電話交換センタ (千葉和田局) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442610/20794355

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンクテレコム 丸山国際中継所/NTTコミュニケーションズ 新丸山LS:

« KDDI 千倉海底線中継所 | トップページ | NTT東日本 和田電話交換センタ (千葉和田局) »